大阪でオーダーメイド枕のことなら「しんあい」肩こり/腰痛/首が痛い/枕が合わない

材質のページ

枕本体

サイズ 43×63cm

一般的に市販されている枕と同じサイズです。

洗濯

側生地(枕の中材が入っている部分)のみ洗濯可能です。
(ベースは洗濯不可)

オーダーメイド枕の断面

オーダーメイド枕は

  • 中材(5種類)
  • 側生地(Mサイズ・Lサイズ)
  • ベース層(高さ4段階)

で構成されています。

枕の高さは中材とベース層で調整します。

カウンセリングと測定で
[check]最適な側生地のサイズ
[check]中材の素材と量
[check]ベース層の高さ
をご提案いたします。

画像の説明

中材

柔らかめ (ポリエステル粒綿)

画像の説明

ソフトな感触で頭を包み込みます。比較的、枕が低めの方に向いています。繊維ですのでパイプのゴツゴツした感触が全くありません。家庭で洗濯できます。


やや柔らかめ (エラストパイプ)

画像の説明

エラストマー素材のパイプです。柔らかく弾力があります。ホコリが出ず洗濯可能です。中空になっているので通気性もあります。感触は低反発に似ています。

普通 (ソフトパイプミニ)

画像の説明

市販されているパイプ素材の枕でも最もポピュラーな素材です。従来のパイプ素材は非常に固く大きく、寝返りすると音が出ましたがそれを解消したパイプです。比較的、多くの方にお使いいただける素材です。ホコリが出ない特徴があり洗濯できます。

やや固め (ソフトパイプ)

画像の説明

ソフトパイプと似ていますがパイプ自体の長さが長いので固めの素材です。枕の高さがやや高めになる方におすすめです。ホコリが出ない特徴があり洗濯できます。

固め (パイプ)

画像の説明

非常に固く使用しても変形しにくい素材です。そば殻の素材に似た感触で枕が高くなる方に向いています。ホコリが出ず洗濯することが出来ます。



側生地

画像の説明

6箇所のに分かれたポケットになっており中材を入れる部分になります。枕の感触や高さを微調整できる重要な部分でもあります。表面はメッシュ上になっており通気性・速乾性に優れています。また中材が入ったまま洗濯することができますので衛生的です。側生地のサイズはMサイズとLサイズの2種類があります。MサイズとLサイズの違いは枕の全体の大きさではなく、首部分の長さによるものです。サイズの選択は測定の結果からご提案させていただきます。

側表地:綿40%、ポリエステル40%、ナイロン20%
側裏地:ポリエステル100%

ベース層

画像の説明

枕の土台になる部分です。これによりある程度の枕の高さを維持でき型崩れ防止の意味合いもあります。ベース層の高さは1cmタイプ~4cmタイプまでの4種類あります。ベース層の最適な高さタイプの選択は測定の結果からご提案させていただきます。

側生地:ポリエステル100%
ベース中材:低反発ウレタンフォーム



機能

抗菌防臭加工(表地綿素材部分)
静電防止加工(裏地・ベース生地)
防汚加工(裏地・ベース生地)
光触媒加工(ベースのウレタン部分)




画像の説明
メールでのお問い合わせ メールお問い合わせフォームはこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional